スキンケア

美肌をつくるシートマスクの使い方!

スペシャルケアのシートマスク! 使い方を少し変化させるだけでより美肌になるスキンケア方法を紹介します。

こんにちは。

ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

1年通して、肌の悩みとして多いのは「乾燥」「ハリの低下」「くすみ」です。特にエアコンや暖房器具を使うと、肌の乾燥がますます気になるところ。

そんな、肌トラブルが気になる方におすすめしたいのが、通常のスキンケアに加えておこなうシートマスク。

よく耳にするシートマスクとフェイスマスク。
フェイスマスクとはシートマスクやウォッシュオフマスクなどの総称で、シートマスクは顔全体をシートで覆ってケアするマスクのことをいいます。
今回は手軽にできるシートマスクの使い方についてご紹介します。

どんなシートマスクを選べばいいの?

シートマスクは、肌に密着させることで、より多くの美容液を角質層に浸透させることができます。
「今日は紫外線をたくさんあびてしまった。」
「明日は特別な日だから、肌のコンディションをしっかり整えたい」
などいつも以上に肌をケアしたいときに使うのがおすすめです。

シートマスクの種類は手に取りやすいプチプラコスメから1枚数千円する高級パックなど多数あります。

どれを購入しようか迷いますよね。
そんなときは、「ほしい肌に適した美容成分入りのシートマスク」を選ぶのがおすすめです。

乾燥が気になる

セラミド、ヒアルロン酸、はちみつ、オリーブオイルなどの潤い成分がおすすめです。
特に「ヒアルロン酸」は肌の細胞間に多く存在し、クッションのような働きをしています。保水力があり、肌に潤いやハリを与えます。

肌につややかさがほしい

ビタミンC、プラセンタエキス、酒粕、ハトムギ、アルブチンなどがおすすめです。
特に、「プラセンタエキス」は母体と胎児をつなぐ胎盤から抽出される成分で、肌につややかさや滑らかさを与えます。

ハリのある肌がほしい

コラーゲン、レチノールなどの肌の弾力をキープする成分がおすすめです。

全てのシートマスクが自分自身の肌に合うとは限らないので、まずはプチプラ商品で試してから、より高機能なシートマスクに変更して使用していく方法もおすすめです。

より美肌になるシートマスクの使い方

シートマスクを効果的に使うには、肌を清潔な状態にしてから、シートマスクをすることが重要です。
方法は次の手順で使ってみましょう。

①クレンジング、洗顔をする
ファンデーションなどのメイクや不要な汚れがついていると、美容成分の浸透を妨げて効果を半減させてします。

②化粧水をする
化粧水で肌を整えることで、美容成分が浸透しやすくなります。

③シートマスクを顔につける
シートマスクのたるみやシワができないようにしっかりと肌に密着させます。マスク使用中もなるべくシートマスクにシワができないようにしましょう。

④シートマスク後にしっかり保湿ケアする
マスク使用後そのままにすると、美容成分や水分が肌から逃げてしまいます。乳液やクリームなどの油分をつけて、しっかり保湿しましょう。

シートマスク中だけでなく、前後のケアをおこなうことで、肌の調子が変化します。

実はしているかも!こんな使い方は逆効果!

美肌のためにシートマスクを使っても、使い方によっては美肌と逆効果なこともあります。

長時間の放置

美容液がもったいないからといって、長時間マスクをし続けるのは逆効果です。
それは時間とともにマスク中の水分と一緒に、肌の水分も蒸発してしまうためです。
商品の説明に記載してある使用時間を守るようにしましょう。

入浴中にシートマスクをする

入浴中は毛穴から汗がたくさん出ており、美容成分が浸透しにくくなります。
入浴後にシートマスクを使うようにしましょう。

肌トラブルがあるときに使う

シートマスクは肌トラブルを治すものではなく、肌の調子を整えるケアアイテムです。肌の調子が良いときに使うようにしましょう。

シートマスクが、肌への負担やトラブルをおこす原因にもなります。
まずは商品の説明をよく読み、自分自身の肌に合わせて使うことが大切ですね。

まとめに

いかがでしたか?
お手軽にできるからこそ、効果的に使っていきたいですね。
日々のスキンケアにプラスして、理想の美肌づくりをしましょう。