スキンケア

今からやっておきたい! 春に向けてのおすすめスキンケア 3つのポイント

春に向けて気をつけたいスキンケアのポイントは、
「保湿」と「紫外線対策」と「毎日の肌チェック」

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

寒い日が続いており、春のあたたかい空気が待ち遠しい毎日です。
2月から4月はゆるやかに気温が上がっていき、徐々にすごしやすくなってきます。
気温の上昇とともに、寒暖の差や花粉など、肌のさらされる環境(肌環境)が変わるため、季節に合わせてスキンケアも少しずつ変えていく必要があります。
今回は、春に向けてやっておきたいスキンケアのポイントを紹介します。

冬から春に向けての肌環境

季節の変わり目は、肌環境の変化により肌のトラブルが起きやすくなるため、冬のスキンケアを春向けのスキンケアに変えていく必要があります。
冬と春の肌環境の違いは主に次の3つです。

  1. 寒暖の差が大きい
  2. 紫外線が徐々に強くなる
  3. 花粉

それでは順番に説明していきましょう。

①寒暖の差が大きい

冬から春にかけて気温が徐々に上がっていきますが、朝方や夜間は寒さが続くことがあります。気温差が大きいと同時に湿度も変動するため、皮脂と水分のバランスが崩れやすくなります。
皮脂のバランスが崩れると、肌のバリア機能が低下し、乾燥した空気や冷たい空気で肌がダメージを受けたり、ニキビができたりします。

②紫外線が徐々に強くなる

紫外線は年中降り注いでいるため、紫外線対策は年中することがおすすめです。
「冬は紫外線量が少ないから、紫外線対策をしていない」という方も多いかもしれませんが、3月からは、紫外線量が上昇し始める時期でもあるので、このタイミングを機に紫外線対策をしていくことがおすすめです。

③花粉

春になると特に気になるのが、全国のニュースにも出てくる「花粉」です。
鼻水やくしゃみ、頭痛や集中力の低下など、花粉症に悩まされる方も多いかもしれません。
花粉症の自覚がない方でも、肌のバリア機能が低下したときに花粉が肌に触れると、かゆみや肌の乾燥につながる場合があるため、肌の状態を良好に保ち肌トラブルを抑えましょう。

冬から春に向けて取り入れたいスキンケア

冬から春に向けて取り入れたいスキンケアは次の3つです。

  1. 毎日の洗顔で、肌の状態をチェックする
  2. 紫外線対策を行う
  3. 入浴後の保湿ケアを行う

それぞれについて、順番に紹介します。

①毎日の洗顔で、肌の状態をチェックする

寒暖差で、出すぎた皮脂や花粉などをしっかりと洗い流すために、洗顔が重要です。
毎日の洗顔で、皮脂や花粉などをしっかりと洗い落としましょう。
日によって皮脂の出方や肌状態も異なるので、肌をチェックしながら洗顔をするのがおすすめです。

②紫外線対策を行う

3月頃から紫外線量は上昇するので、紫外線対策が重要です。
夏用の日焼け止めをバッチリ塗る必要はありませんが、日焼け止め効果のある下地やファンデーションを使うのがおすすめです。
UVカットの帽子やマフラー、日傘などの使用もお手軽ですので、うまく活用しましょう。

③入浴後の保湿ケアを行う

皮脂量のアンバランスでバリア機能が低下した肌は、乾燥や肌トラブルを起こしやすい状態になっています。
洗顔後に化粧水の上から保湿効果の高いクリームやオイルを使用し、いつもより丁寧に保湿を行いましょう。
入浴後に保湿ケアを行うと、清潔な肌を保つためより効果的です。

まとめ

いかがでしたか?
春は、お花見やハイキングなど何かと外出が気持ちいい季節です。
しっかりとポイントを押さえたスキンケアをして、楽しい春の準備をしましょう。