スキンケア

汗は天然の化粧水!? 美肌になる汗をかく方法!

天然の化粧水は汗! 美肌をつくる汗をかく方法とケアを紹介します。

こんにちは。

ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

暖かい季節になってきましたね。
汗をかくことが増え、メイク崩れや、ベタベタして肌を清潔に保てないといった心配が増えてくる時期でもあります。
しかし、汗は「天然の化粧水」と言われるほど、肌にとって良いものなのです。
今回は、そんな「天然の化粧水」の汗について紹介します。

汗は体にどんな意味があるの?

暑いときや運動をしたとき、緊張したときや辛い物を食べたときなど、普段生活している中で私たちは意外と汗をかいています。

汗をかくことは、効率的に体温調節をおこない、体内の不要な老廃物や毒素を排出するなどの健康維持に大きな役割を担っています。

汗は、「さらさらした汗」と「べたべたした汗」の2種類に分類されます。

●サラサラした汗(=天然の化粧水)
サラサラした汗は、99%が水分で、余分な成分が含まれていない天然の化粧水です。
人間の肌はサラサラした汗をかくことによって、弱酸性に保たれます。肌が弱酸性の状態からくずれると、肌に乱れが起きるため、ターンオーバー(肌の新陳代謝)にも影響が出ることがあります。

●ベタベタした汗
ベタベタした汗は水分だけでなくミネラルまで体の外にでている状態です。
逆にベトベトした汗の中にあるミネラルは皮膚の表面をアルカリ性にしてしまうため雑菌が繁殖しやすくなり、皮膚のトラブルの原因になりやすいです。
ベトベトした汗をかく原因は汗腺の機能低下です。日常生活のなかで、運動不足やエアコンのつかいすぎなどで汗をかくことが減り、汗腺の機能も低下しています。

天然の化粧水の汗をだすために、日頃から汗をかく習慣をつくるが大切になります。

「天然の化粧水」の汗はどうやったらかくことができる?

天然化粧水のサラサラした汗をかくためには汗腺の機能を正常に保つことが必要です。
汗腺の機能を正常に保つには、「全身で汗をしっかりかくこと」が重要です。
その方法にはいくつかあります。

●半身浴
38~40度のぬるめのお湯で胸下あたりまで20~30分つかる。

●岩盤浴
仰向けで10分、うつ伏せで10分全身を温める。

●手足高温浴
毎晩寝る1時間程度前に42~44度のお湯に手足を15分ほどつける。

●運動
軽めのジョギングやウォーキング、ストレッチ、ホットヨガが効果的。腕立て伏せや腹筋などの筋トレは自宅で手軽にでき、オススメ。。

色々な方法がありますが、どれを実践するときでも大切なのはこまめな水分補給です。1日1.5L以上の水分をこまめに摂取して体を脱水状態にしないことが必要です。
また時間がなく運動や半身浴ができないときは、体温を下げないように心がけるだけでも汗のかきかたは異なります。室内温度の調整やブランケットなどで体を冷やさないようにしましょう。
また生姜や根菜を食べることで、体の内側から体温を上げて発汗を促すこともできます。

汗のあとのケアはどうするの?

汗をかいたあとのケアは、かいた汗をしっかり拭き取ることが重要です。
肌トラブルの防止や美肌効果を高める手順は次の3ステップです。

①汗を柔らかい濡れたハンカチやタオルで、肌に刺激や摩擦を与えないように優しく押し付けるようにふき取る。

②シャワーや洗顔して、汗をしっかり流す。

③汗をかいた後は肌が乾燥しやすいので、乳液やクリームで保湿をおこなう。
乾燥が気になる場合は、浸透力や保湿力が高い化粧水や保湿クリームを使う

サラサラした汗をかいた肌は弱酸性ですが、そのまま放置していくとアルカリ性に徐々に変化していきます。アルカリ性になると皮膚表面が中和されて、細菌が繁殖しやすい状態なります。また汗で湿った肌は空気中のホコリなどを付着しやすくなります。良い汗でもかいたままにすると、肌荒れやトラブルの原因になります。

まとめに
いつも何気なくかいている汗。
サラサラした汗をかくことと、その後のケアが、美肌に繋がります。
いい汗をかくよういつもより少し意識して、美肌をつくっていきましょう。