スキンケア

【クマ対策】若々しい目元のためのスキンケア

若く見えるかの第一印象は目元で決まる。魅力的な目元にする方法

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

寝不足や仕事などで疲れがたまると、目の下にクマができることがありますたりしますよね。
クマがあると疲れた印象になってしまうので、悩んでいる方も多いですよね。
今回は、クマができてしまう原因とそれぞれの対策についてご紹介いたします。

クマには3つのタイプがある

「クマ=寝不足」だと思っていませんか? 実は、クマの原因は寝不足だけではありません。

一言に「目の下のクマ」といっても、青クマ、黒クマ、茶クマの3種類あり、原因もそれぞれ異なります。
まずは自分のクマのタイプと原因を把握することが大切です。

青クマ

目尻を横に引っ張ると消えるクマが青クマです。
青クマの原因は血行不良です。寝不足、疲労、ストレスなどによりクマができます。
スマホやパソコンの使いすぎでもなりやすいです。

黒クマ

上を向くと薄くなるクマが黒クマです。
黒クマの原因は目の下の皮膚がたるんでしまい影になることです。目元の筋力低下、顔のむくみ、皮膚のたるみなどによりクマができます。年齢とともにできやすいクマです。

茶クマ

引っ張っても上を向いても変わらないクマが茶クマです。
茶クマの原因は色素沈着です。
目元を強くこすったり化粧をしたまま寝たりすることによってだけでなく、日焼けによるシミなどが原因でもクマができます。

クマをできにくくするための対策

クマをつくらないためにも、それぞれのクマに合わせた対策が大切になります。クマはすぐに消すことができないので、継続してケアすることが大切です。

青クマの対策

青クマは血行不良が原因なので、次の3つの方法で血行を良くしてみましょう。

1.目元を温める
目元が冷えると血行が停滞しやすくなります。目元をアイマスクやホットタオルで温めることで、血行がよくなります。

2.目元のマッサージ
マッサージすることで血行をよくします。くすり指を使って、目頭からこめかみに向かって下まぶたを優しく押します。強くこすると色素沈着して茶クマの原因になるので、優しくクリームを使ってマッサージしましょう。

3.全身の血行改善
目元の血行が滞っているのは全身の血行不良が原因かもしれません。お風呂でしっかり体を温めたり、ストレッチなどの運動をしたりするようにしましょう。また氷やアイスなど体を冷やす食べ物の摂取を控えることも大切です。

黒クマの対策

目元の筋力を鍛えることが大切なので、目元を鍛えるおすすめ方法をご紹介します。

1.眼輪筋を鍛える
目の周りには眼輪筋という筋肉があります。眼輪筋を鍛えるとクマだけでなく目のたるみも減り若々しく見えるようになります。
ゆっくりと目をギューっと閉じて5秒キープ、眉を上げて目をパッと開き5秒キープするするだけで簡単に眼輪筋を鍛えることができます。

茶クマの対策

目元の紫外線対策などの目元ケアが大切なので、おすすめのスキンケア方法を2つご紹介します。

1.クレンジング・洗顔方法の見直す
クレンジングや洗顔時にゴシゴシ目元を洗うと、色素が沈着しやすくなってしまいます。目元の皮膚はとても薄いので、クレンジングは優しく浮かせるように、洗顔は泡で転がすように洗いましょううことが大切です。また洗顔後の目元の保湿も大切です。

2.紫外線対策
色素沈着や小さなシミをつくらないためには紫外線対策が大切です。日焼け止め効果のある化粧下地を使ったり紫外線が強い日はサングラスをつけたりしましょうすることも必要です。

緊急時のクマを消す方法

『今日は大切な日!!』というときにクマがあると気になってしまいますよね。
いざというときのクマ対策としてメイクがあります。
メイクするときのポイントについてもご紹介いたします。

青クマには、オレンジ系のコントロールカラー
黒クマには、凹凸を埋める形の下地
茶クマには、イエロー系のコンシーラー

ポンポンと軽く叩きながらなじませると、クマが見えにくくなり、若々しい目元が完成します。

まとめに

いかがでしたか?
化粧でクマを隠すこともできますが、日頃からのケアが大切ですね。
ぜひ目元のケアをお試しください。