スキンケア

【必見!日差しが強くなる前に】夏の紫外線対策の必要性とポイント

夏を楽しく過ごすために、知っておきたい紫外線対策!

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

いよいよ夏らしい季節になってきましたね。
気温があがるにつれて、外出のしやすい気候になってきますが、気になってくるのが、日焼けや紫外線による肌トラブルです。
今回は紫外線対策について紹介します。

<目次>
1.紫外線対策の必要性
2.【SPFとPA】紫外線の種類と対策
3.紫外線対策で、気を付けたいタイミングは?
4.日焼け止めの塗り方とポイント
5.日焼けしてしまったときのスキンケア

紫外線対策の必要性

ひと昔前から「日光浴は健康に良い」とされ、推奨されてきました。
日光を浴びることでビタミンDが体内で生成されカルシウム量を調整するため、骨量を保ち、骨そしょう症の予防効果があるためです。
その一方で、日光は紫外線による肌トラブルの一因でもあります。
近年では、肌のシミやシワ、肌トラブルに対応した商品だけでなく、紫外線対策に特化した商品も多数販売されています。
それだけ紫外線に対する意識が高まっているということですね。
では、紫外線を浴びることでどのような身体的な影響があるのでしょうか?

シミ、くすみの発生

紫外線を浴びると、からだは肌を守るためにメラニン色素を増加させます。
メラニン色素が増加すると、肌が赤くなったり黒くなったりして、日焼けした状態になります。
メラニン色素は皮膚のターンオーバーによって徐々に押し上げられ、最後にはアカとなって剥がれ落ち、次第に日焼けから元の状態に戻ります。
ところが年をとったり、生活リズムが乱れていたりすると、ターンオーバーのサイクルが乱れ、メラニン色素が肌に残りやすい状態となります。
これがシミやくすみの原因になってしまうわけです。

ハリ、ツヤを失い乾燥肌に

皮膚は紫外線を浴びると、様々な分解酵素を出します。
この分解酵素には、コラーゲンを分解するものもあるため、肌のコラーゲンに影響を与えます。
コラーゲンは肌の弾力を維持する機能を持っているため、紫外線の影響を受け過ぎると、肌のハリやツヤが失われ、乾燥肌の状態になってしまうのです。

以上のような影響があることから、紫外線対策はしっかり行いたいですね。
次に紫外線の特徴について説明します。

【SPFとPA】紫外線の種類と対策

紫外線は太陽から発せられる光線(電磁波)の一種ですが、肌に影響がある紫外線はいくつかの種類にわけられます。

紫外線の種類

肌に影響を与える紫外線(UV)は、波長の長さによって種類が異なります。
紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けることができます。
UV-Cはオゾン層で吸収されるため、日常で対策を行う必要がある紫外線はUV-A、UV-Bです。

<UV-A>
肌表面への影響力は小さめですが、雲やガラスを透過するため曇りの日や屋内でも浴びやすい紫外線です。
UV-Aは、肌の基底層にあるメラノサイトと呼ばれる細胞を刺激します。
メラノサイトは紫外線の刺激から肌を守るために、メラニンを発生させます。
肌にメラニンが増えると肌の色が暗くなります。
また、UV-Aは、肌のハリや弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンを作り出す繊維芽細胞にダメージを与えるため、肌の弾力も失われていきます。

<UV-B>
UV-Bは肌の表面に影響がある紫外線であり、浴びると肌が赤くなり炎症を起こします。
雲やガラスを透過しないため、主に屋外での紫外線対策が必要です。
UV-Bは、日常生活で浴びる量は少量ですが、光線としてのエネルギーが高いため、皮膚の表面に与えるダメージが大きく、やけどのような炎症を起こします。

<UV-C>
特にからだに影響力のある紫外線です。
オゾン層があるおかげで地表にはほとんど降ってきませんが、アーク溶接時の光や殺菌灯の光などに含まれています。
UV-Cを1時間程度浴び続けると角膜炎や皮膚炎を引き起こす場合がありますが、特殊な職業や仕事でない限りほぼ気にする必要はありません。

SPFとPAの意味

SPFとPAは紫外線を防ぐ種類の指標です。
日焼け止めのパッケージに記載されています。

<SPF>
SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略です。
SPFはUV-Bを防ぐ効果を表す数値です。
SPFは数値が高いほど効果が大きくなります。

<PA>
PAとはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略です。
PAはUV-Aを防ぐ効果を表す目安です。
PAは+(プラス)が多いほど効果が大きくなります。
PAには4段階あり、PA+からPA++++で表示されます。

選び方

基本的には、紫外線を防ぐ効果の高いものがおすすめですが、SPFとPAが高いものは肌への刺激が強いものがあるので、使い分けが必要です。
環境省の資料では成分によって日焼け止めの使い分けを推奨しています。
(参考:紫外線環境保健マニュアル2020 第3章)

簡単に日焼け止めの効果別による使い方をまとめると、日焼け止めには「紫外線吸収剤を含むタイプ」と「紫外線反射剤を含むタイプ」の2種類があり、「紫外線吸収剤を含むタイプ」のものは稀にアレルギー反応を起こすかたがいるので、成分を確認したほうがよいと書かれています。
また洗濯物を干すなどの、短時間外に出る場合はSPFやPAが低いものを推奨しています。

紫外線対策で、気を付けたいタイミングは?

より紫外線対策にこだわりたい場合、「今日はどんな紫外線対策が必要なのか?」が気になるかたもいるのではないでしょうか。

紫外線は屋外で直接太陽に当たるとき以外にも気を付けたいタイミングがあります。

曇りの日も、もちろん日焼け止めを紫外線の強さには、天気が影響します。

UV-Aは雲を透過しますが、UV-Bは雲を透過しないため、曇りの日はUV-Aが主な紫外線になります。
つまり、UV-Aの対策はいつでも必要ということになります。

紫外線を強める要素「反射」

紫外線は太陽から直接浴びる光以外にも、建物や水面の反射した光にも含まれます。
ガラス張りのビルやアスファルトの道路が多い都心は普段よりも浴びる紫外線が多いので注意が必要です。
また、雪も紫外線を反射するため気をつけたほうがよいです。冬の時期にスキーやスノーボードで雪原を訪れたときに、不覚にも日焼けをしてしまうかたが多いのは、雪からの紫外線の反射が原因です。

油断せずに、紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めの塗り方とポイント

日焼け止めの使い方のポイントは、日焼け止めの「塗り方」と「頻度」です。
日焼け止めの塗り方とその頻度をおさえておくと、日差しの強い日でもバッチリ紫外線対策ができます。

塗り方

日焼け止めは、容器から直接肌に塗りましょう。
その後、手のひらでまんべんなく塗ります。
少量ずつではなく、容器から直接たっぷりと出し、広げて塗っていくのがポイントです。

塗る頻度

塗り直しは、日焼け止めの効果を持続させるために重要です。
2〜3時間ごとに塗り直すのがおすすめです。
また汗をかいたときや、泳いだり体を洗ったりしたときは、塗り直しをしましょう。

忘れやすいポイント

以下のポイントは塗り忘れがちなので、しっかりと塗りましょう。

  • 髪の生え際
  • 小鼻のわき
  • まぶた
  • フェイスライン
  • 首の後ろ

日焼けしてしまったときのスキンケア

紫外線対策をしていても、日に焼けてしまった、というときはスキンケアが大切です。
肌が熱をもって、ほてっている場合はまず冷却します。
その後は保湿ローションや保湿クリームを使って、保湿をいつも以上にしっかりしましょう。
顔の保湿ケアはコットンパックやシートパックの使用もおすすめです。
水ぶくれや赤みや痛みが強い場合は皮膚科を受診しましょう。

さいごに

紫外線は油断せずに、しっかり対策をすることが大切です。
毎日の意識で、健康的で、なおかつ美肌でいることができます。
紫外線対策のポイントをおさえて、夏本番を迎えましょう。