スキンケア

奥二重を活かして魅力的な目元に! 奥二重の貴女に送るナチュラルアイメイク術

奥二重を活かすメイクは、薄めのアイシャドウを広くのせることと大胆にアイラインを引くこと!

こんにちは。

ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。
いっときは「二重が正解!」とばかりにアイプチが流行しましたね。
ぱっちりとした目はみなさんが一度は目指したことがあるのではないでしょうか。
アイプチをするのもいいですが、奥二重の魅力を活かしたメイクを試してみませんか。

二重の方や、一重の方も活かせる部分があるかと思いますので参考にしてみてください

<目次>
1.アイシャドウは薄めの色を広く、ハイライトで陰影を意識して立体的に!
2.奥二重を活かすなら、アイラインは大胆に!
3.まとめ

アイシャドウは薄めの色を広く、ハイライトで陰影を意識して立体的に!

奥二重は、つり目がちなのでキリッとした印象を与えることが多いです。
甘いルックスというより強いイメージですが、メイクによっては大人の柔らかさを演出しやすくもあります。
ただ、二重幅が目立たない分、以下のような悩みも。

  • 目が腫れぼったく見える
  • メイクが映えにくい
  • キツく見られる

これらはアイシャドウを上手に使うことで解決できます。

アイシャドウは広めに薄い色をのせることで、ナチュラルで映える目元に仕上がります。
メイクをした部分が二重幅に巻き込まれるので、見える範囲を広げるのがポイントです。
薄い色なら、広範囲に色をおいても違和感がありません。
まばたきでアイシャドウがよれやすいという方は、下地を使うと長持ちするのでおすすめです。

キツくなりがちな目元や目の腫れぼったさは、アイシャドウで立体感を出すとカバーできます。陰影をつけるために、目尻に濃い色を置き、中央にふわっとハイライトをのせると立体感が出て、印象が変わります。

奥二重を活かすなら、アイラインは大胆に!

「アイラインを引いても目立たないから」と、太くアイラインを引いていませんか?
太いアイラインは二重の幅を埋めてしまうので、むしろ目を小さく見せてしまうこともあります。

奥二重の方は、アイラインをまつげとまつげの間の隙間を埋めるように極細で引くのがおすすめです。
横には隙間なく、縦にはラインで埋めない部分をつくることで、二重幅が広く見えますよ。
目尻は長めに引くと存在感のある目元に仕上がります。

ボルドーやブラウンにすればよりナチュラルで柔らかい印象になるのでぜひ試してみてください。

まとめ

腫れぼったさや、きつい印象を与えることもある奥二重。映えるメイクで魅力をアップすれば、全部を味方につけられます。
アイプチでぱっちりとした目にするのも魅力的ですが、メイクの仕方で奥二重の印象を変えることができます。

薄めのアイシャドウとハイライト、アイライナーを上手に使って、柔らかく存在感のある目元で愛されメイクを試してみてはいかがでしょうか。