美容

脱ノーメイク! 崩れにくいメイクでランニングを楽しみましょう

ベースメイクと3つのポイントメイクをおさえて、ノーメイクから印象アップ!

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

ランニングブームでいろいろな大会が増えたり、健康管理や体力維持、ダイエットなど、さまざまな理由でランニングする人が増えてきましたね。
色鮮やかなウェアやキャップ、シューズでお洒落に決めている女性も多く、ランニングするときもお洒落を楽しみたい女性の気持ちが伝わってきます。せっかく格好良くファッションを決めてるなら、メイクもばっちり決めたいですよね。

しかし、
「どうせ汗かくならメイクは簡単に済ませちゃおう」
「メイクしても汗で崩れちゃうからノーメイクでいいかな」
と思っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、ランニングのときでも崩れにくいメイクを紹介します。

<目次>
1.メイクの前にまずは肌! 保湿→UVケア→ベースメイクの三拍子
2.3つのポイントメイクで凛とした印象をプラス
3.まとめ

メイクの前にまずは肌! 保湿→UVケア→ベースメイクの三拍子

1.しっかりと保湿

仕事終わりや休日にランニング。
そうなると、一番気になるのは「紫外線」という方も多いのではないでしょうか。
もちろん紫外線対策も大事ですが、陽の当たる日中のランニングでは乾燥肌になりがちなので、UVケアの前の保湿をすることがとても重要です。その日のスキンケアはもちろん、前日から肌のコンディションを整えておきましょう。
また、そのほうが肌の状態も整うためメイクも崩れにくくなります。

2.ベースメイク前にUVケア


UVケアは、ベースメイク前にしっかりとしましょう。ムラなく塗り残しをなくすために、重ね塗りがおすすめです。額、鼻、両頬、顎の5か所に少量ずつ置いて顔全体に馴染ませ、これを二度繰り返しましょう。

3.崩れにくいベースメイク

ファンデーションは、崩れにくいことを重視したアイテムを選びましょう。おすすめはリキッドファンデーション+ルースパウダーです。
最後にその上から化粧水をスプレーすると密着度が増し、とても崩れにくく仕上がります。

3つのポイントメイクで凛とした印象をプラス

ベースメイクで土台ができたら、ポイントメイクで凛とした印象をプラスしましょう。
アイブロウ、アイライン、リップの3つをおさえれば、健康的なランニングメイクのできあがりです。

1.アイブロウ

ランニング時は、髪をまとめたりキャップをかぶる方が多いので、アイブロウはしっかり描きましょう。
汗をかいても落ちにくいウォータープルーフやティントタイプがおすすめです。

2.アイライン

アイライナーで目元の輪郭をしっかり描き、引き締まった目元を演出しましょう。
アイブロウ同様に、ウォータープルーフがおすすめです。

3.リップ

リップで色味をプラスすると、華やかさを出すことができます。
顔全体が引き締まると同時に、唇のUVケアと保湿にもなります。
落ちにくいティントタイプがおすすめですが、保湿成分が入っているリップを使用するのも良いでしょう。

最後に

ランニングメイクは、崩れにくい仕上がりにすることがとても大切です。
そして、たった3つのポイントメイクにこだわるだけで、与える印象が全然違います。健康管理やダイエットも、どうせやるなら楽しくやりたいですよね。

脱ノーメイクで、ランニングをさらに楽しみましょう。