美容

【ヘアケア】頭皮の乾燥を防ぐ!おすすめシャンプー術

シャンプーが原因!? 頭皮の保湿と生活習慣の改善で頭皮の乾燥を予防

こんにちは。

ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

 

肌の乾燥を防ぐために、化粧水などで保湿されている方は多いかと思います。肌と同じように頭皮も実は乾燥しやすいことをご存知でしょうか。

紫外線やエアコンなどの刺激を受けることによって、頭皮は非常に乾燥しやすく、フケやかゆみの原因にもなっています。

今回は、健康的な頭皮環境を実現するために、おすすめのシャンプー術をご紹介します。

<目次>
1.皮の乾燥の原因は生活習慣にある
2.健康的な頭皮を育てるには?
3.まとめ

頭皮の乾燥の原因は生活習慣にある

頭皮が乾燥する原因は、外的要因と内的要因に分けられます。

今回は、内的要因について説明します。

 

■外的要因

①紫外線

②空気の乾燥、エアコン

 

■内的要因

①シャンプー

シャンプーは、

  • 洗浄力の強いシャンプーを使用する
  • 力強く洗う
  • 1日に何度もシャンプーをする
  • 熱いシャワーで洗う

ことで、必要以上に皮脂を洗い流してしまいます。頭皮に必要な水分を保つ働きをしている皮脂が不足すると、乾燥の原因になります。

 

②生活リズミの乱れ(食生活、ストレス、睡眠不足)

食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足も新陳代謝の低下につながり、頭皮のターンオーバーが乱れて、乾燥や皮膚トラブルの原因になります。

ターンオーバーとは、古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わる肌の新陳代謝のことです。ターンオーバーの乱れにより、異常に増えた角質がフケとなり現れます。

また、雑菌の繁殖により、かゆみなどの皮膚トラブルのもとにもなります。

 

頭皮が乾燥すると、頭皮のバリア機能の低下や水分を保つ機能の低下により、さらに乾燥しやすい頭皮環境になります。

健康的な頭皮を育てるには?

頭皮の乾燥、ターンオーバーの乱れはシャンプーの仕方を意識するだけでも予防することができます。

 

シャンプーの際のポイントは、

  • アミノ酸系のシャンプーを使う
  • 指の腹で優しくマッサージをするように洗う
  • シャンプーは1日1回にする
  • ぬるま湯で2〜3分かけてしっかりとすすぐ

 

頭皮を清潔にするために行っていたシャンプーが、結果的に頭皮の乾燥の原因になっていることがあります。シャンプーの仕方、頻度を適切にすることが大切です。

 

また、アミノ酸系のシャンプーは低刺激で、保湿性にも優れており、シャンプー後にローションやオイルを使うことでより保湿効果が高まります。

まとめ

頭皮環境を整えるためのシャンプーが、やり方を間違えると頭皮乾燥の原因につながってしまいます。力強く何度も洗うのではなく、頭皮にとって必要な皮脂は残すように適切に洗うことが、頭皮環境を整えるために最も効果的です。

睡眠や食事だけでなく、日々のシャンプーのやり方を少し見直すだけで、頭皮の乾燥による皮膚トラブルを防ぐことにつながります。