ミニマルケア

【一年中使える!】花粉による肌荒れ対策・3つのポイント

【花粉から肌を守ろう!】オールシーズン簡単にできる肌の花粉対策

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

季節の変わり目のスキンケアといえば「日焼け対策」や「乾燥対策」という方も多いと思いますが、花粉対策はいかがでしょうか。

「花粉」といえば春のイメージが強いですが、実は夏や秋もイネやブタクサなどの花粉は飛んでいますし、スギやヒノキは冬から飛び始めています。
肌のバリア機能が低下しているところに、花粉によって皮膚が刺激を受け、肌トラブルが発生することもあります。今回は、花粉から肌を守るスキンケアを紹介します。

 

<目次>

1.花粉による肌トラブルの原因
2.花粉皮膚炎による肌トラブルを回避するための3つのポイント
3.まとめ

花粉による肌トラブルの原因

花粉症といえば、鼻水が止まらなくなる、目がかゆくなるなどの症状を思い浮かべますが、花粉の症状が肌にも現れることがあります。
これは「花粉皮膚炎」といわれ、肌の乾燥などにより肌のバリア機能が低下すると、花粉などのアレルゲンが皮膚に侵入しやすくなり、肌が敏感になったり、かゆみを感じたりします。

花粉皮膚炎による肌トラブルを回避するための3つのポイント

それでは、花粉によって引き起こされる肌トラブルの対策として、何をすればよいでしょうか。
簡単に始めることができる3つの方法をご紹介します。

・花粉に肌をさらさない
特に花粉が多いと感じる季節や、野外散策などで花粉が多い場所に行く等のシチュエーションでは、マスクやメガネを着けるなどして、花粉が肌に付着するのを防ぎましょう。
女性であればファンデーションや、市販されている花粉などのアレルゲンをブロックするスプレーなども活用しましょう。

・帰宅後はすぐに花粉を落とす
花粉が肌や服に付着しているので、室内に入る前に手で花粉を払い落としたり、帰宅後はすぐに洗顔やシャワーなどで花粉を洗い流しましょう。
その際、優しく汚れを落とすように心がけましょう。

・保湿ケア、紫外線対策をおこなう
保湿と紫外線対策に、普段から乳液や美容液で肌のコンディションを整えておくこともおすすめです。
空調のきいた部屋にいると肌が乾燥しやすく、肌のバリア機能が低下するため、花粉の影響を受けやすくなります。
こまめに保湿ケアをすることで、うるおいのある肌をつくりましょう。メイク時にも使用できるミスト化粧水なども販売されていますので、活用するのもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
ちょっとした対策で、花粉による肌トラブルを防ぐことができます。
どれも簡単にできるものなので、日々の習慣に取り入れて、一年中美肌をキープしましょう。