スキンケア

旅の思い出をよりよくするためにこだわりたい肌ケア 3選

保湿と紫外線対策と生活サイクルにこだわるだけで、旅は楽しくなる!

こんにちは。
ORGANIC STORE (オーガニックストア)です。

春が待ち遠しい冬の季節ですね。
1月から3月は卒業や就職を控えた時期で帰省や卒業旅行など、遠出をされる方が多くなります。せっかく遠出をするなら、その後の肌トラブルは避けたいところですよね。

今回は、そんな旅の後の肌トラブルが気になる方向けに、旅先での肌ケアの方法について紹介します。
旅先でもしっかりと肌ケアを行うことで、より良い旅の思い出を作りましょう。

<目次>

1.旅先でよくある肌トラブルにつながる3つの要素
2.しっかりと準備しておきたい旅先での肌ケア 3つのポイント
3.まとめ

旅先でよくある肌トラブルにつながる3つの要素

旅先には肌トラブルにつながる要素がたくさんありますが、主な要素は、次の 3つです。

  1. 乾燥した空気に触れる
    電車や、飛行機、ホテルは、衛生的な観点から空気を乾燥させるようにできているため、旅先では乾燥した空気に触れやすいくなります。電車や飛行機で長時間移動するとき、旅先のホテルで目覚めたとき、肌が乾燥していたりのどが痛かった経験はないでしょうか?移動中や、ホテルで過ごすと、肌の水分がどんどん奪われて乾燥し、肌トラブルにつながりやすい状態になります。
  2. 多くの紫外線を浴びてしまう
    旅先がリゾート地や南国、雪国の場合は、日差しが日本の夏場と同じくらい強いことがあります。旅先で長時間屋外を移動するときは注意が必要です。
  3. 生活サイクルが乱れる
    旅先では、楽しさのあまり夜更かしをし生活サイクルが乱れたり、美味しいものを食べ過ぎたりしがちです。睡眠不足に暴飲暴食が重なり、肌や身体に負担をかけてしまいます。
    また、ヨーロッパやアメリカなど、旅先によっては、時差ボケによる睡眠不足が起こります。

しっかりと準備しておきたい旅先での肌ケア 3つのポイント

旅先には肌トラブルにつながる要素がたくさんありますが、原因を理解し、しっかりと対策をすることで旅行中も旅行後も、爽やかに過ごせます。
旅先でやっておきたい肌ケアは次の 3つです。

  1. 保湿対策
    移動中に、肌が乾燥していると感じたら、すぐに化粧水やクリームで保湿を行いましょう。なるべくいつも使っている肌ケア用品を持ち歩くことがおすすめです。出先で保湿が難しい場合は、夜の寝る前に化粧水パックをしたり重点的にケアすることが大切です。移動中はマスクで、のどの乾燥を防いだり、長袖を着るなどして肌に直接乾燥した風が当たらないようにしましょう。
  2. 紫外線対策
    外出するときは、紫外線対策をしっかり行いましょう。
    日焼け止めクリームを塗ったり、帽子を被ったり、サングラスをしたりすることがポイントです。旅先ではなれない土地で過ごすこともあり、体力を消耗しやすいので疲れを予防するためにも、積極的に日陰に入るなど工夫をしてもいいかもしれません。
  3. 生活のサイクルを崩さない
    旅先では疲れやすいので余裕のあるスケジュールを組むと良いでしょう。スケジュール感や組み方がわからない場合は、素直に旅行のガイドや詳しいかたにお願いするとゆっくりできるスケジュールを組んでくれます。旅先でもいつもの寝る時間と起床時間を心がけ、生活サイクルを崩さないことが大切です。
    入浴の時間をゆっくり取れるくらいが理想的です。いつもの肌ケアを旅先で行う上で、いつも以上に余裕を見ておくことがポイントです。

まとめ

いかがでしたか?
旅先で大事なことは、普段どおりの保湿と紫外線対策と生活サイクルです。
普段よりもていねいに肌の手入れをすることで、より旅行が楽しくなりそうですね。
旅行の前にしっかりと準備をして、遠出しても肌のコンディションを保ちよりよい思い出にしましょう。