スキンケア

思わず触れたくなる!もちもち肌への2つのポイント!

憧れのもちもち肌を手に入れて魅力的な女性へ!

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

肌がとてもきれいな女性につい魅入ってしまった経験はありませんか?
いつもしっとりとうるおってもちもち肌は女性のあこがれで、す。どうしたらあのもちもち肌を手に入れられるのか気になったことがあると思います。
実は答えはシンプルで、もちもち肌を手に入れるには徹底的に肌の保湿を行うことがポイントです。
今回は、毎日できるシンプルでもちもち肌になるスキンケアの方法をご紹介します。

<目次>

1.寝る前のスキンケアのポイントは保湿
2.日中のスキンケアのポイントは洗いすぎないこと
3.まとめ

寝る前のスキンケアのポイントは保湿

肌の水分量は年齢とともに減っていってしまい、もちもち肌から遠ざかってしまいます。
年齢と共に減ってしまう水分量を減らさないためにも、保湿と洗いすぎないといったスキンケアの基本が重要となります。数ある保湿のタイミングの中で、寝る前のスキンケアが特に重要となります。
そんな寝る前にやっておきたいスキンケアの手順は、次のとおりです。

①洗顔
寝る前にきちんとクレンジング・洗顔をしてメイクと汚れを落とします。そのままで寝ると寝ている間に肌についた菌が繁殖してしまい、肌荒れにつながっています。

②保湿
洗顔後すぐに化粧水をつけて保湿クリームを塗ります。洗顔後は、肌の皮脂が落ち肌の水分が抜け出ていきやすい状態になっているため、肌に化粧水を塗ることと、クリームで油分を補い保湿をすることが重要です。

<保湿のポイント>

◯化粧水
手のひらにとった化粧水を少し温めて、肌に入れ込むようにハンドプレスをしながらつけましょう。手のひらが肌に吸いつくようになるまで3~4回ほど繰り返します。
このとき顔の毛穴は下向きなので下から上へと意識してつけましょう。

◯保湿クリーム
保湿クリームの油分は洗顔後や化粧水をつけた後から肌の水分が蒸発するのを防ぐためにフタの役目を果たします。乾燥が気になる場合は、たっぷりとつけましょう。

日中のスキンケアのポイントは洗いすぎないこと

朝、外へ出かけるため、朝のスキンケアをしっかりとしている人も多いかもしれません。
しかし、朝から洗顔を入念にし過ぎてしまうと、肌に必要な皮脂も取り除かれ、かえって肌が乾燥してしまいます。
朝は洗顔でなく化粧水を含ませたコットンで余分な皮脂をサッと拭き取りましょう。
このとき乾燥が気になったら保湿クリームを塗りましょう。

お昼に化粧直しをする場合に気になるのが、Tゾーンの皮脂です。その皮脂を取り除こうとあぶらとり紙を使っていませんか?
必要な皮脂まで取ってしまうと余計に肌が皮脂を分泌してしまい、また皮脂が出てしまうこともあります。こういった場合は軽くティッシュで余計な油分を拭き取ってフェイスパウダーで抑えると午後からもさらっとした肌をキープできます。

まとめ

いかがでしたか?
もちもち肌に近づくポイントは保湿と洗いすぎないことです。
憧れのもちもち肌を手に入れるためには日々の努力です。
スキンケアをきちんとして憧れのもちもち肌を手に入れていきましょう