スキンケア

対面で「ひざ」が気になる人がやるべき『ひざケア』〜3つの方法〜

たった3つのことを生活にとりいれるだけで、ひざは劇的にきれいになる!

こんにちは、
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

肌寒い乾燥した季節がやってきました。
12月は大晦日や正月の行事等で人と会うことが多くなる季節。いつもより肌のコンディションが気になりますね。今回は、ひざの黒ずみや皮の厚みが気になる方へ、きれいなひざをつくるために必要な3つのケアを紹介します。

大晦日や正月などの正座をすることが多い時期の前にしっかりとケアをしておくことで、
かしこまった挨拶や、ちょっとした所作に自信を持って、行事を迎えることができます

<目次>

1.ひざの黒ずみや皮の厚みの原因は、生活の中で何気なく発生する『摩擦』!
2.きれいなひざを作るための「ひざのケア」〜3つの方法〜
3.まとめ

ひざの黒ずみや皮の厚みの原因は、生活の中で何気なく発生する『摩擦』!

「ひざの黒ずみ」や「ひざの皮の厚み」の原因は、『摩擦』です。
ひざの摩擦は生活のなかで、何気ない動作のなかで発生するため、生活の動作とひざの皮膚のケアの両方が必要です。

<ひざの黒ずみの原因>
ひざの黒ずみは、ひざの『摩擦』によって、皮膚にメラニンが発生することによって起こります。

ひざへの摩擦は、膝 ひざが擦れるようなジーンズを履いたり、正座をしたり、ひざ立ちをしたりするときに起こります。このときの摩擦が、ひざの皮膚への刺激となり、メラニンを発生させます。メラニンと聞くと、紫外線で発生する日焼けの原因と考えがちですが、メラニンは肌への刺激でも発生します。メラニンが発生した状態で、刺激が繰り返されることによって、メラニンが皮下組織に定着し、黒ずみの原因となります。

<ひざの皮が厚くなる原因>
ひざの皮膚は歩くときに伸びたり、縮んだりするため、もともと水分を保持する力が弱く、摩擦や刺激によって皮膚が厚く硬くなりやすい部位です。また、ひざは汗線や皮脂腺が少なく、油分や水分の調整が難しいため、乾燥しやすい状態です。乾燥は皮膚の入れ替わり(ターンオーバー)を妨げるため、皮膚が角質となって厚みが増すことになります。

黒ずみやひざの皮の厚みは、皮膚の入れ替わりによって徐々に改善していきます。しかし、皮膚の入れ替わり周期は、不規則な生活や乾燥によって延びていくため、「生活習慣の改善」と「角質ケア」が必要になります。

きれいなひざを作るための「ひざのケア」〜3つの方法〜

 

きれいなひざを作るためのポイントは以下の3つです。

①ひざをこすらない動作や服装にする
②尿素配合クリームを塗る
③スクラブ+保湿

①ひざをこすらない動作や服装にする
「ひざの黒ずみ」や「ひざの皮の厚み」の原因は『摩擦』であるため、ひざに摩擦を与えないことが重要です。具体的にはひざに体重がかかるような姿勢や動作を避けることと、ひざが擦れるような服装を避けることが賢明です。また、ターンオーバーを正常に行うために、規則正しい生活や保湿をしっかり行うことも重要です。

②尿素配合クリームを塗る
尿素配合クリームは、厚く硬くなった皮膚を柔らかくして落としやすくするため、皮膚が厚くなってきたと感じたら、尿素配合クリームを塗りましょう。
尿素は人体内に存在し新陳代謝や水分を保持するのを助ける物質で、主にハンドクリームなどに使われています。尿素の皮膚を柔らかくする効果は、尿素のたんぱく質を溶かす作用によるもので、結果的に厚くなった皮膚を落とし入れ替わりをしやすくします。

③スクラブ+保湿
スクラブによって、古い角質を落とすことによってひざがきれいになります。
スクラブは、研磨剤が含まれているため古い角質を落とすことによって、きれいにすることができます。スクラブは、入浴時や塩分濃度の高い温泉入浴後など皮膚が柔らかくなっているときに行うと角質を落とし過ぎる可能性もあるため、週に1回程度、定期的に行い使用後はしっかりと保湿ケアを行いましょう。

まとめ

いかがでしたか?
「ひざの黒ずみ」や「ひざの皮の厚み」の原因は『摩擦』によって引き起こされます。
ひざの摩擦を避けるた生活の改善と2つの角質ケアを取り入れることが重要です。
ひざをしっかりとケアをして、気兼ねなくすごせる楽しい年末を迎えましょう。