スキンケア

【シートパック】乾燥が気になる冬の季節にやっておきたい重点的な保湿ケア

お手軽さと豊富な美容成分が魅力のシートパックを効果的に使う方法

こんにちは。
ORGANICSTORE(オーガニックストア)です。

だんだんと日が落ちるのが早くなり、今年もいよいよ冬の季節がやってきましたね。この時期、特に気になってくるのが肌の乾燥です。肌の乾燥は、肌荒れやかゆみなどのトラブルにつながります。

そんな乾燥が気になる季節だからこそ、定期的に使いたいのが「シートパック」です。
シートパックは手軽に、重点的な保湿ケアができる化粧品です。今回は、「最近乾燥が気になる」というかた向けにシートパックの紹介をします。

<目次>

1.お手軽さと美容成分の種類の豊富さが魅力のシートパック
2.効果的にこだわりたいシートパックの使い方
3.まとめ

お手軽さと美容成分の種類の豊富さが魅力のシートパック

シートパックは、顔に貼ることで美容液を満遍なく角質層に浸透させることができる化粧品です。紫外線や乾燥が気になった日など、肌のコンディションをより整えたいときに使いましょう。

<お手軽に使えるシートパック>
シートパックは個別包装されており、袋から開けてすぐに使えます。
シートパックは顔全体に密着させやすい形をしています。同じパック化粧品のクレイ(泥)タイプのものと比べると分量や混合割合などを考えなくて良い分、とてもお手軽です。

<美容成分や香り成分が魅力的>
シートパックは、目的別にさまざまな美容成分や香り成分を楽しめるのも魅力的です。
シートはいくつかの層からできており、肌に貼る部分には美容液が多くに含まれています。ヒアルロン酸やオリーブオイルなどのうるおい成分、コラーゲンやビタミンCなどの肌のコンディションを整える成分などが含まれており様々です。
また、ラベンダーなどのリラックスできる花の香りや、バニラやローズなどの甘い香りなどを楽しむことができます。

効果的にこだわりたいシートパックの使い方

シートパックを効果的に使うには、まず肌を清潔な状態にすることが重要です。
おすすめの方法は、次の手順です。

①肌を清潔にする
シートパックの美容成分をしっかりと角質層に浸透させるために、ファンデーションやホコリ、皮脂などをしっかりと落としましょう。クレンジングを行ったのちに、洗顔を行い、肌を清潔な状態にしましょう

②シートパックを顔に密着させる
シートパックをしっかりと肌に密着させましょう。パック使用中はなるべくシートパックにシワができないようにしましょう。また、シートパックを顔に密着させる前に化粧水で肌を整えることで、美容成分が浸透しやすくなります。よりこだわりたい場合はひと手間かけてみましょう。

③パック後はしっかりと保湿ケア
パック使用後は、しっかり保湿しましょう。
パック後に乾燥した空気に触れると美容成分や水分が肌から逃げてしまうので、クリームなどで油分を補って、ふたをしましょう。

<よくある間違ったシートパックの使い方>
商品の説明に記載してある使用時間を守り、長時間の放置はやめましょう。シートパックの時間とともにパック中の水分と、肌の水分が蒸発してしまうためです。
商品の説明に記載してある使用時間を守るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
乾燥が気になる冬の季節だからこそ、重点的な保湿ケアにこだわりたい。
そんなときは手軽に、肌に美容成分を浸透できるシートパックを使ってみてはいかがでしょうか。