スキンケア

魅力的な唇の共通点は潤いとハリ!縦ジワのケアで唇美人に

唇の縦ジワの原因は乾燥!日頃の保湿ケアがぷるぷるで若々しい唇をつくる

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

with コロナでマスクを常につけているからと、リップのケアやメイクを怠っていませんか?
マスクをとったらガサガサの唇でがっかりなんてことは避けたいですよね。

特に唇の縦ジワは年齢とともに増えて唇の魅力を半減させ、老けた印象をもたれる原因にもなります。ですが、唇の縦ジワはケアをすることで目立ちにくくできます。
今回は今日から始められる若々しく魅力的な唇になる方法をご紹介します。

<目次>
1.なぜ唇のシワは目立つのか?原因は乾燥!
2.保湿ケアで唇の縦ジワの対策!潤いのあるぷるぷるな唇に
3.大切な日には準備メイクで応急処置!ふっくら唇に仕上げる。
4.まとめ

なぜ唇のシワは目立つのか?原因は乾燥!

唇の皮膚は薄く、唇を動かすたびにシワができます。
ハリや弾力があるうちはシワが目立ちにくいのですが、加齢や紫外線のダメージによって唇のコラーゲンが減少し、潤いが低下します。その結果、ハリや弾力がなくなり、縦ジワは消えにくくなります。

唇の乾燥がひどくなると、どんどん縦ジワが刻まれていきます。
もともと唇は粘膜なので皮脂腺がなく乾燥しやすい部位です。
リップケアを怠っていたり、唇をなめる癖があったり、メイクを落とすときに唇をこすってしまうと乾燥はひどくなります。

保湿ケアで唇の縦ジワの対策!潤いのあるぷるぷるな唇に

唇の縦ジワはメイクでは隠しにくいものです。
そのため、唇が乾燥していない時から、しっかりと保湿をしてシワができないようにケアをすることが大切です。

唇を保湿するために使用することが多いのが、リップクリームです。リップクリームでも配合している成分で用途が異なります。

唇がカサカサ・荒れて出血している場合には、「医薬品」と表記されているリップクリームがおすすめです。
外出の前やメイクの前には「UVカット効果のある」リップクリームがおすすめです。
眠る前には乾燥予防の「薬用」タイプのリップクリームがおすすめです。
自分の唇の調子や用途に合わせてリップクリームを選んで、乾燥しらずの唇にしましょう。

また大切な日の前日におすすめなのが、保湿効果を高めてくれるお風呂上がりの唇パックです。

〈準備するもの〉

  • タオルハンカチ
  • リップクリーム
  • ラップ
  1. 温めたタオルを、口元に優しく当てて唇の皮膚を柔らかくします。
  2. 唇の中央から口角にかけて多めにリップクリームを塗ります。
  3. 利き手の薬指で、下唇をクルクルと小さな円を描くように2~3回繰り返してマッサージします。その後に上唇も同様におこないます。
  4. 小さくカットしたラップを、口元に貼り、3分間パックします。
  5. 3分たったらラップを外して、ティッシュペーパーで軽く拭き取ります。

ここで注意することは唇はデリケートな部位なので、過度のケアは逆に皮膚トラブルの原因になります。
唇の状態を見ながら、週1回の間隔でおこなうのがおすすめです。

大切な日には準備メイクで応急処置!ふっくら唇に仕上げる。

唇のシワ対策は日々継続して、ケアすることが大切です。
しかし、メイク中に唇のコンディションが悪いことに気づくことがあります。
『今日は大切な日なのに!!』というときの対策として化粧をする前の準備メイクの方法があります。

  1. 縦ジワにリップクリームがしっかり入るように唇全体を保湿する。唇にラップをして5分置きます。
  2. コンシーラーで唇周りのくすみをカバーする。
  3. 暗めの色で輪郭をぼかすように描きます。
  4. 明るめのグロスを塗る。
  5. ティッシュで唇全体を整える。

応急処置としてですが、唇をふっくらさせることができます。

まとめ

いかがでしたか?
メイクでの応急処置はできますが、深くなった唇の縦ジワは簡単には隠せません。
日頃の保湿ケアで潤いとハリのある魅力的な唇を手に入れましょう。