スキンケア

冬は美白ケアに最適!一年中続けることですこやかで美しい肌へ

冬こそ美白ケア!春夏のダメージケアや紫外線対策を怠ると老けて見える原因に!

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

美白ケアは紫外線の強い春から秋の時期だけと思っていませんか。
実は冬も美白ケアが必要です。
とくに紫外線の少ない冬は美白ケアをやめてしまう人が3人に1人といわれています。
美白ケアを続けた人とやめた人では肌に差がつきます。

今回は冬の美白ケアの必要性と方法についてご紹介します。

<目次>

1.中断するとなかったことになる!?冬の美白ケアが必要な理由
2.冬の美白ケアで差をつけよう!4つの方法
3.さいごに

中断するとなかったことになる!?冬の美白ケアが必要な理由

春から秋にかけて、紫外線が強い季節を過ごした肌の奥には多くのメラニン色素が残っています。
このメラニン色素はやがてシミとなって肌に現れます。

春から秋は紫外線が強いので美白ケアをしっかりしていたと思います。冬は紫外線がないと思い込み美白ケアをしなくなるとメラニン生成が抑えられなくなり、再びメラニンが活性化してしまい、美白ケアを始める前の状態に戻ってしまいます。

また冬は空気が乾燥し、肌も乾燥しやすくなります。
肌の乾燥はメラノサイトを活性化し、シミの悪化をひきおこします。

なので美白ケアを一年中継続することがとても重要です。

冬の美白ケアで差をつけよう!4つの方法

4つの美白ケアの方法をご紹介します。

①紫外線対策
冬でも紫外線は常に降り注いでいます。
化粧をしない日でも、日焼け止めだけは毎日ぬりましょう。
室内で過ごす日でも、洗濯物を干すときや窓際にいるときは意外と紫外線を浴びているので注意しましょう。

②肌の保湿
美白への第一歩は保湿です。
乾燥している肌は紫外線ダメージを受けやすいです。
さらに乾燥は肌のシミ、しわ、くすみ、たるみをひきおこすので保湿ケアはすこやかな肌にはかかせません。
洗顔時は肌をこすりすぎないように注意してください。
そして、洗顔後はすぐに化粧水をつけ、美容液、クリームと与えた潤いを逃さないようにしましょう。

③血行促進
冷えは血行が悪くなり、肌のターンオーバーの機能が低下して、メラニン色素が沈着しやすくなりシミの原因になります。
さらに、古い角質がたまるので肌のごわつき、にきび、吹き出物の原因にもなります。
ホット蒸しタオルで顔を温めたり、マッサージも効果的です。
からだが冷えないように温かい飲み物を飲んだり、毎日しっかり入浴するようにしましょう。

④美白コスメの使用
美白用化粧水や美容液などを使用します。
しかし、ピーリング作用のあるものは肌に必要な角質や潤いを奪ってしまうことがあったり、荒れた肌や乾燥した肌には刺激が強いくヒリヒリすることもあるので注意しましょう。
ライン使いではなく、いつものスキンケアに1アイテムだけプラスで使用するだけでもいいでしょう。

さいごに

美白ケアは紫外線の強い春から秋にかけてだけではなく、冬でもしっかりとケアしていくことが大切です。
冬こそ美白ケアですこやかで美しい肌を手に入れましょう。