スキンケア

【横顔美人への第一歩】耳のスキンケアで耳美人になろう

普段の入浴やスキンケアの際に、習慣にしたい耳のケア

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

「耳のケア」と聞いて、音の聞こえ方や耳の中の掃除を思い浮かべる人は多いと思いますが、耳の表面のケアはどうでしょうか。
耳は顔と同様、外の影響を受けやすいパーツですが、自分で確認することが難しいため、ケアを怠りがちです。
しかし、他人からはよく見えるため、綺麗にしておいて損はありません。
今日は、簡単に取り組むことができる、耳のスキンケアについてご紹介します。

<目次>

1.肌トラブルだけでなく臭い対策に、耳のスキンケアをしましょう
2.今日から習慣に!簡単な耳のスキンケア
3.まとめ

肌トラブルだけでなく臭い対策に、耳のスキンケアをしましょう

耳の皮膚の特徴は、皮脂分泌が多いことと、皮膚が薄く乾燥しやすいことです。

耳は構造が複雑であるため、皮脂や汚れがたまりやすくなっています。耳に皮脂や汚れがたまると、常在菌が繁殖して脂漏性皮膚炎やニキビなどの肌トラブルが発生したり、汗腺もあるため臭いの原因となったりします。

また、耳は紫外線を浴びやすい位置にあるため、日焼けによる炎症がおきたり、乾燥してカサカサになる等の症状もでやすいため、日々のしっかりとしたケアが必要な身体のパーツです。

今日から習慣に!簡単な耳のスキンケア

肌トラブルが起きやすい耳ですが、どのようにケアしていけばよいでしょうか。耳のスキンケアといっても、特別なケアは必要ありません。今日からできる習慣にしたい耳のケアは、次のような手順です。

1.よく洗い、しっかりそそぐ

前述のとおり、皮脂などの汚れが溜まりやすいパーツとなります。入浴時に身体や顔を洗うついでに、ボディーソープなどで指を使って優しく洗いましょう。溝や耳の裏までしっかり洗うとよいでしょう。
耳はシャンプーやボディーソープなどの洗い残しが残りやすい位置にあるため、肌トラブルの原因となります。耳の中に水が入らないように注意しながら、しっかりと水ですすぎましょう。

2.保湿する

耳が清潔な状態になったら保湿をしましょう。
耳を洗って十分にそそいだら、清潔なタオル等でやさしく水分を取り除きます。
耳のスキンケアは、顔用のスキンケア用品を使いましょう。
顔のスキンケアをした後に、手に残った化粧水や乳液などを塗るのがおすすめです。

3.紫外線対策をする

屋外に出る際は、日焼け止めクリームを塗る、帽子を被るなどの紫外線対策をしましょう。顔に日焼け止めクリームを塗るついでに、耳にもしっかりと塗りましょう。汗をかきやすい箇所でもあるので、日焼け止めクリームはこまめに塗りましょう。

まとめ

いかがでしたか?
耳のケアは普段の入浴やスキンケアの際に、少しの心がけで実践できるものばかりです。たくさんの人から見られる「耳」、しっかりとケアして、美しい耳を保ちましょう。