スキンケア

太く強いフサフサまつ毛を手に入れて魅力的な目元に!

まつ毛の抜ける原因はアイメイクと摩擦によるダメージ!普段の行動を見直して健康的なまつ毛を手に入れよう♪

こんにちは。
ORGANIC STORE(オーガニックストア)です。

マスク姿が日常になって、アイメイクに力を入れる女性が増えましたね。
アイメイクのポイントとなるのがまつ毛です。
太く強いフサフサのまつ毛に憧れる女性は多いことでしょう。
今回はまつ毛が抜けてしまう原因とケア方法をご紹介します。

<目次>

1.まつ毛が抜ける原因とは?普段のアイメイクやクレンジングが原因かも
2.美しく健康的なまつ毛を保つためにすべきこと♪
3.さいごに

まつ毛が抜ける原因とは?普段のアイメイクやクレンジングが原因かも

まつ毛が抜ける原因は大きく分けて2つ、毛周期によって自然に抜ける場合と、その他の原因によって抜ける場合があります。

<毛周期による原因>
まつ毛の毛周期は、4か月程度です。毛が伸びる「成長期」、成長がゆるやかになる「退行期」、細胞分裂が止まり、生え変わる準備をする「休止期」を順に繰り返します。
休止期に入ると毎日数本は自然に抜け落ちます。

休止期でも簡単にまつ毛は抜けませんが、アイメイクやこすりすぎによるダメージが原因で抜けやすくなります。
まつ毛パーマを繰り返すことでまつ毛のダメージが蓄積されたり、まつ毛エクステによってエクステの重みや接着剤が負担となり抜け落ちることがあります。
また、つけまつ毛は外すときにまぶたを引っ張ることになりまぶたの負担となります。

<その他の原因>
ビューラーでまつ毛にカールをつける時に引っ張りすぎて抜けた経験がある人は多いでしょう。
ウォータープルーフマスカラ、アイラインなど落としにくいコスメを使用しているとメイクを落とすときにごしごしとこすり過ぎてまつ毛を傷めてしまいます。
逆にメイクがしっかり落とせていないのも、太いまつ毛が育ちにくくなる原因となります。

美しく健康的なまつ毛を保つためにすべきこと♪

太く、強いまつ毛を保つためにはまず、抜ける原因を取り除く必要があります。

①まつ毛の抜ける原因を取り除く

  • アイメイクを見直す
    マスカラやアイシャドー、アイラインなどごしごし洗いを防ぐために、落としやすいコスメに変更するといいでしょう。

    マスカラはお湯で簡単に落とせるタイプだと負担が軽くなります。クレンジングが不要の洗顔だけで落ちるコスメもおすすめです。

    <ビューラーの使い方>
    ビューラーを使うときは根元・中間・毛先と三段階に分けてまつ毛を挟むようにし、その都度手をゆるめてスライドさせながらカールしていきます。
    また、ビューラーが汚れているとまつ毛がくっついて切れ毛や抜け毛の原因にもなるので使用後はティッシュで汚れをふき取り、ゴムはこまめに交換をしましょう。

    <つけまつ毛の使い方>
    つけまつ毛はできるだけ頻度を減らします。まつ毛パーマやまつ毛エクステもお休みの期間を設けてまつ毛や目元を休ませましょう。

  • メイク落としを見直す
    しっかりメイクをした日は特に落とすのが大変なのがアイメイクです。
    落ちないからと強くこすったり、メイク残りをそのままにしておくのはやめましょう。
    アイメイクは専用のリムーバーやクレンジングを使用して、しっかりと落とすようにしましょう。

②まつ毛を育てる

まつ毛が抜ける原因を取り除いたら、今度はまつ毛を育てます。

  • まつ毛美容液を使う
    専用のまつ毛美容液でまつ毛に栄養を与えてケアします。
    まつ毛の補修やダメージの軽減、成長のサポートをしてくれます。毛周期の関係で効果が出るまでに数か月かかることがあるので、毎日継続することが大切です。まつ毛エクステやまつげパーマをしている間もしっかりとケアをしましょう。
  • まぶたを保湿する
    目元の皮膚は薄く、乾燥しやすい部分です。乾燥しているとまつ毛は育ちにくくなります。毎日のスキンケアでしっかり目元まで保湿しましょう。
  • 目元の血行促進をする
    目の周りをマッサージしたり、ホットタオルで温めることで血行を促進すると育毛に必要な栄養素が届きやすくなります。
    特にスマホやパソコンを使って目を酷使している人は目元の血流がとどこりやすいので注意しましょう。
  • 質のいい睡眠をとる
    まつ毛は毛根の毛母細胞が細胞分裂を繰り返して少しずつ伸びていきます。この細胞分裂にかかわっているのが成長ホルモンで、良質な睡眠によって分泌が促されます。
    成長ホルモンは就寝後3時間に集中的に分泌されるので、寝る前にスマホやパソコンを見ないことや快適な寝具、パジャマで寝ること、体を温めるなど工夫をしましょう。

さいごに

いいかがでしたか。
普段のちょっとした行動でまつ毛は抜けやすくなっています。
抜ける原因をやめて、太く強いまつ毛を手に入れて魅力的な目元を演出しましょう。